◉ サービス名

ST-COMM

◉ サービス内容

『構造物の監視コストを1/10以下にする!?』IoT構造物モニタリングシステム。

<特徴>
① 既存技術と比較して10分の1以下の費用
これまで必要であった高額な測定器、配線に関する人件費、観測する建屋も不要に。
② 構造物の変形を現地ではなく、無線通信を利用し遠隔で確認が可能
Webアプリケーション経由のためインターネットが利用できる遠隔地にて対象物の変形をスマートフォンやPCで確認ができる。また、通信に必要な中継器となる機器も不要。
③ 内蔵電源(単三電池)のみで動作する省電力設計
低消費電力の通信技術と独自技術のかけあわせにより、付近に電源がなくても数年単位での稼働ができる。
④ ひび割れなどの目に見える損傷が生じる前に変形を検知
目視や画像解析では検知できない変形や応力を検知することができる。
⑤ 既存のひずみゲージを利用可能なため、多様な構造物(素材)の測定に対応
コンクリート、鉄、プラスチック、木材、樹脂等の変形を検知することができる。将来的にはAI技術を活用したオプションサービスの提供も予定している。 

<利用場面イメージ>
・建設年数が経過した道路、トンネルなどの異常を検知したい
​・工事現場の仮設構造物の異常を検知したい
・橋梁など目視による確認が難しい箇所の変形を把握したい
・設計や研究などで、ひずみゲージの膨大な配線の手間やそれにかかる費用を抑えたい

 サイトURL

https://www.cach-inc.com/

◉ 運営者からのコメント

構造物を監視する費用って意外とかかっているんだなと。

<

◆ サービス掲載をご希望の方はこちらへ
◆ 自社に合ったサービスを知りたい方やベンチャーとの協業を希望される方こちらへ

新着情報やお得な情報をメールでお届けいたします!