◉ サービス名 
Taranis

◉ サービス内容
高精度の画像技術を持つ撮影用ドローンを該当農地に飛ばし、航空動画を分析して農作物の病気リスクなどを把握するサービス。トウモロコシ、綿花、大麦、大豆、サトウキビ、ジャガイモなどの大規模生産作物をメインの対象とし、害虫被害、栄養不足、病害などの問題原因を突き止め、農業従事者に(例えば)虫が作物を食べているところの詳細を写した高解像度の拡大画像を提供。2018年11月に住友商事も出資。

◉ 資金調達

2018年11月6日(シリーズBラウンド) 2,000万ドル
2017年5月4日(シリーズAラウンド)       750万ドル
2016年3月24日(シードラウンド)          200万ドル

◉ 関連記事
https://jp.techcrunch.com/2018/11/07/2018-11-06-precision-farming-startup-taranis-gets-20m-series-b-for-its-crop-monitoring-tech/

新着情報やお得な情報をメールでお届けいたします!